スポンサードリンク

慶事(主なものと処理の要領)

慶事(主なものと処理の要領)


昇進・栄転・就任知人・友人・取引先関係の場合は、祝電を打ったり、歓送迎会を開いたりすることが多い。転勤者には餞別を贈ることがある
受賞国からの勲章や褒章の授与、各種の受賞を知った場合、親しい間柄ならまず上司自身が電話でお祝いを言うのが普通である。その他の場合は、祝電や祝い状を出す
賀寿先生や先輩、会社の関係者には贈り物をしたり、お祝いの会に出席したりする
祝賀行事落成式、開店(業)披露などの祝賀行事が行われるときは、祝い品を贈る。招待状が来たときは、指定日までに必ず返事を出す。出席の場合は、ご祝儀を用意していくのが通例である
結婚上司の友人・知人・縁者、会社関係者などにかかわる結婚の場合
1.式場に祝電を打つ
2.御祝品を贈る
3.披露宴に招待を受けて出席する
4.仲人として式と披露宴とに出席する
などが考えられる


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。